長崎県神社庁 蛭子神迎え

蛭子神迎え神事【壱岐市芦辺町 瀬戸浦地区】

1.JPG 壱岐市芦辺町瀬戸浦は古来漁業を生業として来た浦で、明応の頃より捕鯨が行われ賑わいを見た。明応元年(1492年)「瀬戸浦塩津岬に漁業の安全を祈るため、蛭子尊を祀った。以来この地を恵美須浦と呼ぶ。」

 寛永4年(1627年)「同じく瀬戸浦先川に蛭子尊を祀る」とあり、これが「蛭子迎え」の起源と言える。(現在の恵美須事代主神社と瀬戸事代主神社で、爾来この二つの神社は「蛭子様」として地元住民の厚い信仰を集めてきた)

 明治39年、最初の定置網が敷設され、網子若衆が宿泊する定置納屋が設けられた。その納屋の神棚に蛭子尊を勧請したのが、現在に継承される「蛭子迎え」である。 この神事(10月下旬)は一年間の海上安全と大漁を願い行われるもので、御神体をお迎えに行く網子二人を番籤・当籤で選ぶ事から始まり(籤を引くことが出来るのは、一年間家に不浄が無く、両親共に健在の網子だけである)そして神迎祭がその三日後に行われるが、選ばれた二人の網子が子の刻より丑三つ時までに身を清めて褌を着け、蛭子様を授かる竜神岬の海浜に向かう(道中は出来るだけ人目をさけ、二人の会話さえ禁物)

 浜に着くと、一人が蛭子神の御神体を素潜りで探し御神体を授かる。そして素早く茜襷、白襷に包み薦で巻いて、人目に触れないよう納屋に持ち帰り神棚前(神棚には赤・白の布を重ねた座布団を敷く)に安置する。宮司はこの新しい御神体に奉書で作った御神衣をお着せした後、遷座の式を奉仕する。一年間の役目を終えた御神体は、貴船神社の境内末社(写真)に数年間奉祭され、定置網のある海中にお返し申し上げる。