長崎県神社庁 壱岐神楽

国指定重要無形民俗文化財 壱岐神楽

 壱岐神楽は古い伝統と歴史をもつ神事芸能で、他の地方の神楽組とか神楽師等の奏する神楽とは違って、神楽舞も音楽も神職ばかりで奏される、きわめて神聖視され信仰されている貴重な文化財であり、昭和62年1月、国の重要無形民俗文化財の指定を受けました。
 神楽の起源は南北朝(1336~1392年)の頃だといわれ、壱岐市芦辺町箱崎・八幡神社の社家に伝わる古文書の中に、永享7年(1435年)11月に神楽舞人数のことを記したものがあり、室町時代の初期にはすでに行なわれていたことを知ることができます。
この当時の神楽は現在行なわれているような整ったものではなく、その勸法も両部習合の勸法であったといわれています。
 その後、寛文初年に唯一神道の式に改められ、以来年次を経るにしたがって神楽歌も庶民に理解できるように意を用い、神楽舞の手振りなども逐次改訂修補を加えられ、現行の神楽ができていったと伝えられています。
壱岐神楽はその規模により、幣神楽・小神楽・大神楽・大々神楽の四つに分けられます。